「モノ作り・機能・デザイン」で自動車内装のトータル提案をしているサプライヤー企業

CSR・社会貢献活動

品質・環境への取り組みとしてのISO方針

当社は、【ISO9001】を1999年5月14日に、【ISO14001】を2002年11月29日に認証取得し、お客様、地域の方々への社会的役割を重要視し、品質/環境への取り組みとして以下のISO方針を掲げております。

品質方針

当社は下記の品質方針に従い、品質マネジメントシステムを運用する。 この品質方針は当社が製品を市場に送り出すにあたって、諸活動を展開し、 永続的な発展をはかってゆくうえでの、達成すべき普遍的目標である。

環境方針

当社は下記の環境方針に従い、環境マネジメントシステムを運用する。

この環境方針に基づき、全社一丸となり地球環境の保全に積極的に取り組み 地球の未来を守ると共に真に豊かな社会の発展に貢献します。

地域の環境美化貢献活動

埼玉工場では工場周辺の美化活動を行っております。

 

毎月1回 工場周辺の草取り、落ち葉、ゴミ拾いを全社員で行っています。

節電対策

寿屋フロンテでは工場の屋根に【遮熱材塗料】を使用し工場内温度の冷却、【工場内照明のLED化】による節電と【CO2の削減】、照明の間引き、省エネタイプ空調機へ切替、クールビズの実施などの節電対策を実施してきました。

 

夏季ピーク時の対応では、電力消費削減のために、【昼間から夜間への生産シフト】【空調機のデマンド設定による温度調整】等の節電策を推進し、政府方針以上の大きな効果をあげています。さらに、社内システム(サーバ)の【クラウド化】、パソコンの省電力モードの設定やデスクトップからノートパソコンへの切替を推進しバッテリー駆動による節電等可能な施策を積極的に進めるこ とで、ピーク電力時間帯の使用電力削減に努めています。

環境対策

寿屋フロンテでは、廃棄物の削減や再利用、アイドリングストップ、電気自動車の導入や社有車の削減、ダウンサイジング、カーシェアリングによるガソリン使用量の低減活動を積極的に進めています。

工場の緑化推進

埼玉工場、九州工場では緑や花を植樹し、古墳をはじめとした緑豊かな周辺環境に配慮し、工場の緑化を推進しています。

安全対策

寿屋フロンテでは、定期的に安全衛生委員会を行い職場の安全チェックやヒヤリハット、危険予知、リスクアセスメント、シートベルト着用のチェック、フォークリフトの運転や整備の教育等を行い従業員の安全に配慮しております。

To Top

Copyright(c) Kotobukiya Fronte Co., Ltd.

寿屋フロンテ株式会社
【東京オフィス】〒105-0003 東京都港区西新橋1丁目13−1 DLXビル 11階
【埼玉オフィス】〒361-0021 埼玉県行田市富士見町1-3-1
【埼玉工場】〒361-0016 埼玉県行田市藤原町1丁目20−1
【九州工場】〒828-0044福岡県豊前市大字小石原98-7
【中部工場】〒519-0321三重県鈴鹿市深溝町愛宕山1165-10
【厚木オフィス】〒259-1114 神奈川県伊勢原市高森3丁目1−68

To Top

MENU